明るく妊活していても、疲れる時はやっぱり疲れます。苦笑

ああ、そうだ、私は妊活中の身だったわ。と久しぶりに感じた週末。

この土日はリプロ東京通院日でありました。

いつもは混雑する土日をなるべく避けて通院をするようにしていますが、今周期はどうしても通院が必要な体の具合。

久しぶりに通院した土日診察は大変な混み具合でした。待合室には座れない人もたくさん。

リプロ東京は他院と比べてみても、患者さんたちの流れが非常にスムーズな病院であると私などは思うのですが、それでもやっぱり混んでいる日はたくさん待ちます。

妊活は家族を増やすための前向きな行動。と普段は明るくとらえていますが、今週末はさすがにグッタリ。

明るく妊活していても、疲れる時はやっぱり疲れます。苦笑

アドラーの勇気づけが馴染むまでは「疲れた」と言うことに対して、なんだかモヤモヤしていました。強くないと妊活なんてとても続けられないと思っていたので、マイナス発言をする自分を許せなかったからです。

でも、どんな自分の感情も感じていい、どんな自分もOKと思えるようになってきた今は、疲れた時は「疲れたーーー」と言えます。

家路についた時、外は暗くなり始めていました。

帰宅すると「おかあさん、お腹すいた!」と息子。これまでなら、疲れているのに・・とイライラしながらごはん作りですが、今日はお惣菜なども買ってきたりして、なるべく簡単に食事作り。

リビングでは「ヒマだーー!」と言っている小学1年生息子。ハタと思いつき食洗機の中の食器片づけを頼んでみました。初めての試み。

お皿が割れたら危険だし、そもそも息子に食器の定位置がわかるのかな?と、これまでお願いしたことはなかったのですが、それは間違いでした。

息子、食器や調理器具の位置をほとんど把握していて、ていねいに片づけてくれました(びっくり!)。

ついでに野菜スティックにつける味噌マヨ作りも頼んだら二つ返事で挑戦してくれました。最初は味噌マヨというより「味噌」という感じのものが出来ましたが、マヨネーズをもっと足すといいよとアドバイス。上手に作れて息子もうれしそう。

いつまでも小さい男の子ではないんですね。

もっと息子に色々お手伝いを頼んでみようと思いました。

つれづれブログにて失礼しました。

こんな日はストレッチなども省略して見たかったドラマを早見したらサッサと寝ます。

明日からまた良い一週間にしましょう^^