ラクでカッコいいがほしい。男の子用ボトムス探し

「男の子のボトムス選び。女の子とは違いますね」続編です。

母がほぼ執念で(!)探した小学1年生息子のためのボトムス。

サイズは130㎝。

はいた姿はシュッとしたデニムで“お兄さん”ですがウエストはリブ素材。

これならウエストがデニムやツイル素材でゴム入りよりもソフトなはき心地。

けれど。入っていたゴムは広幅で硬め(と、どこまでも快適さを追求する母)。しっかりした良いゴムなのですが、「ウエストゴムだけど苦しい」という感じになりそう。

とはいえ、こちらのデニム。ゴム換え口がついた丁寧な仕様なので、手持ちのゴムと入れ替えれば、息子が言うような、より「トイレがラクでかっこいいズボン」に簡単に改良できそう。

一安心♡

購入したのはこちら↓

【GLAZOS】[スリム]デニムヴィンテージ風パンツ 120cm 130cm 140cm 150cm 160cm グラソス 2018秋冬新作

価格:2,581円
(2018/10/26 09:10時点)

息子の手持ちトップスに多い、ラルフやプチバトーなどのキレイめトップスとも合わせやすいベーシックなデニムでした。

デニムが気に入ったので、次はコーデュロイを狙っています。

【GLAZOS】[スリム]ストレッチコーデュロイパンツ 120cm 130cm 140cm 150cm 160cm グラソス 2018秋冬新作

価格:2,365円
(2018/10/26 09:09時点)

今回、デニムを見つけたお店は子供服専門ネットショップ 子供服のS&H 楽天市場店

三代目やEXILEが好きです!みたいなテーストのものも多く、息子のテーストとはちょっと違う。けれど、シンプル、ベーシックなデザインもたくさん!今後もお世話になりそう。

ジュニアサイズのボトムスもウエストリブのものが色々あるのでうれしいです。子どもの気持ち、わかってるなーと。

本当に良いマタニティ服やベビー・子供服というのはデザイン性だけでなく、いかにユーザー目線の仕様で作られているか?がすごく大事なアイテムです。

ブランド名だけではわからない。

商品開発の方がどれくらいユーザーの気持ちを理解しているか?は商品に現れるものなのです。

Tシャツのようなトップスよりも、細かい仕様によってはき心地に差がでるボトムスは特に顕著。(これ、マタニティボトムスも同様です)。

大きい会社の場合、出来る商品開発の人が異動してしまうこともあって、前は良かったのに最近のはイマイチ?みたいな現象もあるんですよね。汗

なのでブランドやお店にこだわらず、色々探してみるといいなと。今はネットでほしいワード検索。探しやすい良い時代だなと思います。

ちなみにこちら、GLAZOS(グラソス)のブランドコンセプトは“クラスで一番オシャレな男の子”なのだそうな(!)。

・・とまあ、すみません、ウエストが苦しい問題には(も?!)うるさいタチです。

見た目だけでなく、着心地の良さは大事。一日の大半を着て過ごす服なのですから。

大人も子どもそれは同じだと思います。

息子がお腹にいた妊婦時代は、それこそウエストが日々苦しくなって、快適さを求め、ショーツ、タイツ、妊婦帯にボトムス。たくさんのアイテムを探したり自分で改良したりでした。仕様にもよりますが、タイツやボトムスの中には、妊娠後期のお腹はゴムを抜いてしまっても大丈夫なものもあります。

そして本日はこれから夫の秋冬物探し!

20~30代前半の頃は仕事着もTシャツ&デニム男でしたが、そんな夫も40代も半ば。ジャケパンでシュッとした服も楽しんでほしい。

息子同様、ラクじゃないとイヤな人なので、妻は服探しがんばりマス。メンズは値段も張る分、失敗したくない度合いが高いので、まずは店頭で下見です。