おでんをコトコト煮ながら想うこと。

雨の休日、おでんをコトコトと煮ました。今シーズン初。

パルシステムのおでんだねセットで簡単に作っただけですが、したくをしていると「わ!今日はおでん?!」と寄ってくる夫、息子。おでん、いいよね^^

おでんが煮える匂いはなんだか幸せです。

実家では私が子どもの頃からお湯がバンバン沸く、昔ながらの石油ストーブを愛用していますが、そこで煮えるおでんの匂いは子ども心にとても好きでした。寒い日などはおでんの匂いの中、曇った窓ガラスを見て家のあたたかさを感じた思い出とか。

村上春樹さんでいうところの小確幸でしょうか。

コンビニの定番メニューになるくらいなので、きっとたくさんの日本人が好きなメニューなんでしょうねえ。

おでんは夫婦二人時代のビール&おでんもよかったですけれど、息子が生まれてからは離乳食・幼児食にもなかなか良くて、一層好きになりました。(離乳食向きの食材は大根、里芋、たまごの黄身、はんぺんあたり。)

ちなみに小学1年生の息子が今一番好きなおでんダネはこんにゃくだそうです。渋いな。