キノコで気になるのはカロリーよりも栄養素です

「霜降りひらたけ」というのだそうな、こちらのキノコ。

むっちり肉厚で美味しそうと思わず購入。初めて買いました。

けんちん風のキノコ汁にしたらなかなか美味しかったです。

ブナシメジは苦い時があるので私は少々苦手。これはひらたけというだけあって、シメジとは違う感じ。また買いたくなる味でした。

私の中で、キノコを食べる時、期待することはビタミンDの摂取。

昨今、耳にすることが増えた女性のビタミンD欠乏。骨密度が低下してしまうという問題です。

原因は日焼け対策を重視する人の増加。日に当たることは肌には良くなくても、骨には大事なのだと、私は産後、母乳マッサージでお世話になっていた助産師さんに教えられました。

ビタミンDはカルシウムの吸収も助けてくれるので妊娠中や産後の女性にも大事な栄養素。特に授乳期の女性は妊娠中より多く必要なのだそうです。母乳を経由してベビーにもビタミンDが、となるそうな。

骨に関係の深い栄養素なので、成長中の子どもたちにも大事です。

製造元のホクトのサイトを見てみましたら、霜降りひらたけは残念ながらビタミンDの含有量はゼロ!あらら。一方、ビタミンDが豊富なのはマイタケでした。

しかしながら、霜降りひらたけ。カリウムの含有量は豊富。塩分の排出をしてくれるのはうれしい。

・・なんて、今ではキノコも栄養素で考える食材になりましたが、10~20代の頃は低カロリー食材としか考えていませんでした。今よりも10キロくらい体重が多かったあの頃。今もダイエット中の人には注目食材だったりするのかな、と思ったりでした。