マタニティブラは必要?かを考える上で大事なこと。

マタニティブラが必要な理由とは?

マタニティブラが必要な理由って?

それについて、ごくシンプルに答えるならば「美胸と母乳のため」と私なら答えます。

まず美胸のためのマタニティブラ。

プレママ・ママにとってのブラジャーはバストラインケアを担うアイテムです。着けている時はバストを形良く見せますし、重みを増した妊娠授乳期のバストが下垂することも予防します。

次に母乳のためのマタニティブラは。

妊娠するとバストは母乳の準備開始。乳腺が発達したり、血液量も増えてくるので(母乳って血液です)、寄せたり盛ったりするためのブラはバストを圧迫し、血流を悪くする。よってバストにやさしく締め付けないマタニティブラに切り替えるのがベター。というのはよく耳にすることだと思います。

と、ここまでは一般的なマタニティブラ論です。

マタニティブラが必要なのはこんな人

さて、ここからはタイトルにもした本題です。

マタニティブラは必要か?を考える上で大事だと思うこと。

それは着けるプレママ・ママ自身が、どう在りたいか?ということです。

昨今のブラジャー市場を見ていて強く感じるようになったことであります。

ノンワイヤーやカップ付きキャミなどの普及により、ワイヤー入りブラジャーをつける人は減少傾向。

多くの女性が寄せて上げるワイヤー入りブラを“普通に”着けていた時代には、やさしく支えるマタニティブラジャーは妊娠したら必要になるものだったと思います。

けれど、妊娠前からソフトでラクなブラジャーを着けていたら、妊娠したからといって、マタニティブラに切り替える必要性を感じないケースもあるのではないかと。

これらを踏まえて私が考えるマタニティブラが必要な人とは。

まず、ワイヤーはイヤだし、バストトップがひびかなくて、今のバストラインがきれいに見えるならそれでOK。あえてのマタニティブラは要らない。という考え方。これもアリだと思います。

一方で、授乳後のバストラインも気になるし、年を重ねてもスタイルを意識していきたいと考える人にとって、バストが大きく変化する妊娠授乳期はブラジャーのことをより真剣に考える時。

こんな見方をしていくと、マタニティブラが必要な人は後者です。

どちらが正解とか不正解とかではないのです。大事なのは在り方かと。自分がどう在りたいかによって決めるのですから、どちらも正解とも言えると思います。

日本にはバストを支えつつもラクな着け心地で、授乳もラクなマタニティ授乳ブラが色々あります。着けずに過ごすのはもったいない!と思っていた私は確実に後者でした。

とはいえ、「100%後者」というわけでもなかったです。

体調がイマイチの日。今日はリラックスしたい日。などにはパッド付きキャミやハーフトップなどで過ごす日ももちろんありました。

ブラジャーの種類も増え、女性とブラジャーとの付き合い方も変わりつつある昨今、マタニティブラも理論的に必要不要と言い切れない時代になってきたと感じての記事でした。