マタニティタイツの選び方【保存版】

タイツの季節到来!

秋から春先にかけて下半身の防寒アイテムとしても必需品のタイツ。

妊娠中のタイツといえばマタニティタイツですが、その選び方にはちょっとしたコツがあります。

ずっとはき続けるものではないけれど、お腹まわりや素足に直接触れるものなのではき心地の良さはやっぱり大切な要素。

お気に入りの一足を見つけたい方のために以下、まとめてみました。

マタニティタイツとは?

まずはマタニティタイツの基本から。

マタニティタイツとは大きくなるお腹をすっぽり包み、それでいてウエストやお腹が苦しくなく、動きやすくはけるよう作られたタイツです。

お腹の部分は通常のタイツよりも伸縮性のよい素材で作られていたり、マチが大きくとられていたりして、大きなお腹でも快適にはけるように設計されています。

*なお、ここではマタニティタイツとして解説していますが、お腹まわりの仕様などは、マタニティレギンスもほぼ同様です。

そのバリエーションは様々。

通常のタイツ同様、デザインもの、防寒性をより高めたもの、脚部分には着圧設計つきでむくみ対策を考慮したものなどがあります。

マタニティタイツ、いつからはく?着用期間は?

マタニティタイツの着用スタート、目安としてはウエストがきついと感じる始める妊娠中期頃からです。

しかしながら、妊娠初期からもウエストへの締め付けが不快に感じる場合もありますし、季節アイテムでもあるので妊娠週数に関係なく、着用できるアイテムといえるでしょう。

昨今のマタニティタイツの中には産後もはけるよう工夫されたものもあるので、長く着用することも可能です。

選び方のコツ

マタニティタイツの選び方は実は色々あります。

普段のタイツ選び同様、脚をキレイに見せたい日のタイツ、あたたかく過ごしたい時のタイツ、オシャレしたい日のタイツなど、求めるものによってタイツ選びも違ってきます。

デニール数が高ければあたたかい?

「マタニティタイツを買ったのに、思ったよりあたたかくなかった・・」と聞くことがあります。

その原因の一つは、タイツを買う時の目安をデニール数で判断していること。デニール数が高い=あたたかいと考え、選んでしまうと失敗することがあります。

ところで、デニール数とは何か?というと使われている糸の太さのこと。直接の生地の厚みやあたたかさを示すものとはちょっと異なります。

あたたかいマタニティタイツがほしいなら

マタニティタイツにあたたかさを求めたい場合、デニール数だけでなく使用されている素材や加工などもチェックすることが大事です。

例えば、ただのナイロンタイツよりも遠赤外線や発熱加工がされているナイロンタイツの方があたたかいです。

ウールやアクリルなどの素材が含まれたバルキータイツや、裏起毛のタイプもあたたかさを求めたい時にはぴったりの一足。

コットンが含まれたものは肌あたりがソフトで素材感がふんわりしているので、はいた時のひんやり感もなくあたたかく感じられたりします。

美脚に見せたいなら

マタニティファッションも楽しめる時代、スカートスタイルで美脚に見せたい時などは質感の滑らかなナイロンタイツがぴったりです。

縦ラインを強調できるリブ編みのマタニティタイツや、むくみ対策にもなる着圧設計機能付きのタイツなどを選んでも良さそうです。

マタニティのカラ―タイツもある

定番の黒の他、マタニティタイツにもカラータイプがあります。

ナイロンベースのものが主流ですが、発色はきれい。コーディネイトのアクセントにもなるので、地味になりがちな秋冬コーディネイトの差し色として活用しても。

ウエストの仕様は必ずチェック!

マタニティに限らず、タイツのウエストゴムは結構きつい・・と感じるのは私だけでしょうか。

妊娠中はいつも以上に体への締め付けを感じやすくなる時期。マタニティタイツのウエスト仕様はしっかり確認することをおすすめします。

ウエストの仕様は大きく3パターン。

  • 調節ナシのゴム入りタイプ:普通のタイツに近い形。ウエストサイズが大きくなっても対応できるサイズ設定で、お腹にマチ入り。調節は出来ないため初期からはくとズリ落ちてしまうこともある。
  • 調節ができるゴム入りタイプ:ボタンホール付きゴムや、ゴム入りでウエストのサイズ感を調節出来る形。*私はこちらのタイプを妊娠後期はゴムを抜いて着用していました。
  • ウエストゴムなしタイプ:ウエストまわりをストレッチ編みの幅広仕上げにすることでより締め付けのない配慮がされた仕様。

秋冬のマタニティファッションは「ウエストにゴムが集中しやすい。苦しい!」という妊婦さんの声も数多く聞いてきました。

この時期、妊婦さんがはくものといえば、マタニティショーツや妊婦帯、マタニティタイツ、マタニティボトムスという具合。確かにゴム集中は否めません。

よって、あたたかさや色だけでなく、お腹まわりの仕様も是非、買う時のチェックポイントとして加えてみてください。店頭で手に取れる場合はゴムの硬さや伸び具合なども確認されてみてくださいね。

お気に入りの一足に出会えますように。