40代でママになるあなたへ。今お伝えしたいこと

今、このブログを読んでくださっている方は妊婦さんが多いでしょうか。

産後ママ、あるいは幼稚園・小学生を育てているママかもしれません。

ごめんなさい。

2020年は全くの想定外に(!)ブログを改革した年でありました。

それは私の人生が想定外に進んでいることに他なりませんが、いずれにしてもアメブロとこちらのワードプレス版を並行して運用すること。

現状、軌道に乗せられておらず、こちらを読んでくださっている方には申し訳なく思っております。

ごくたまにしか更新されないブログ。

このブログに書きたいマタニティ関連の記事はたくさんあるのです。

それは昨今増えている「40代妊婦さんのためのマタニティ服の考え方」であったり、5Gを生きる今こその「電磁波シールド妊婦帯」についてであったり。

○歳くらいで出産するのが一般的

という枠は、もはやなくなりつつあると思うので、そんな中で妊娠出産する方々、とりわけ40代の妊婦さんたちの役に立つ情報をお届けしたい!という気持ちは、今も変わっておりません。

40代だからこそできる子育てってあると思いますし、40代妊婦・産後ママだから気をつけたいマタニティ下着の考え方やマタニティファッションもあると思います。

たくさんお伝えしたいことはありますが、その中でもこれは絶対!というのを今日は書きます。

それは40代妊婦さん・産後ママのあなたへ。

「あなたはひとりではないです」ということ。

コロナと共に生きる今、以前のような妊婦生活も、産後生活も送りにくくなっています。

それでなくても妊娠産後の育児期というのは女性にとっては大変な時。そして孤独になりがちです。

その上、40代出産というのはさみしい面もあるかもしれない。

周りの友人たちは子育てはひと段落しているという場合だってあります。

これまでなら、少し外に出て人と交流することで乗り切れていたことも、やりにくくなっている中で妊娠生活を送り、出産し、ホヤホヤの我が子を育てていくことはとてもエネルギーを使います。

パートナーを頼るのが一番ですが、性差の壁というのもある。

ママ同士だからこそ分かり合えることもあります。

だから、時々は家族以外の人と交流する場をいくつか用意しておくことをおすすめしたいのです。

リアルだと難しいことも、今はオンラインという方法があります。

私自身はアドラー心理学の「勇気づけ」をお伝えする講師という立場で、医師や臨床の心理カウンセラーではありません。

そもそもアドラー心理学というのは、市井の人のメンタルヘルスを保つために生まれたもの。

心がギリギリまで苦しくなる前に、普段から心を健康にするためのものなのです。

小さな悩みが大きくなる前に、知っておくと役立つ心のケア方法。

これを身につけたおかげで(?!)私自身は40代後半ですが、明るく二人目をまだ妊娠出産する気でおります。笑

育児やパートナーシップにも役立ちます。

アドラーアドラーと書きましたが、心を元気にする方法はアドラー以外にもたくさんあります。

大切なのはママであるあなたが、笑顔で幸せだなと感じられること。

私は心理学というくくりにとらわれず、人が幸せになるには何が大切か?を調べることも好きです。

そんな幸福学の観点からいうと、

幸せな人は

・活力がある(アドラーでいう勇気がある)

・自分軸がある

・多様なつながりがある

などがあげられます。

一方で、ライフスタイルが大きく変わる妊娠出産期、しかもコロナと共に生きる今は人とのつながりが薄れやすい時。

だから、意識して人とつながれる場を持っていてほしいと思うのです。

私の周りの勇気づけ仲間たちにも、産後ママが集まれる場づくりをしている人たちがたくさんいます。

それは世のママたちの不安や悩みを少しでも軽くし、元気づけたいからに他なりません。

誰もが母として悩んだ経験があるからこそ、後に続く人たちの不安をなくしたいと願っています。

私自身も不定期ですが、オンラインで女性限定の勇気づけお話会を開催していますし、自分自身を勇気づけられるようになるELM(エルム)講座なども開催しています。

もし、必要な時には思い出してくださいね^^