もうすぐ、もうすぐ?

熱海でエネルギーを充電してきてよかったです。

週が明けてからのここ3日、怒涛の毎日でした。

ひとつは小学校でボランティア。初めての経験に緊張しきりでしたが、息子が大好きなお友達のお母さまと連絡先を交換する機会にもなり、大きな収穫に。

幼稚園とは違って親同士が顔を合わせるチャンスがぐんと減る小学校。このご時世、連絡網などもないですし、となるとアナログに、対面の機会に直接お願いするが結局一番いいようです。

もうひとつは、私、このほど、ワークショップの講師を務めてまいりました。人生初の経験!

文字通り、降って湧いたような話でしたが、何とか無事務め上げることが出来てホッとしています(まだ現在進行中の部分もあります)。

テーマは一応資格があるアドラー、ではなくメルカリ。

この2年間、コツコツ続けてきてトラブルもなく成約率は93%ほど。という話をしたら是非!とお話をいただいた次第です。

元々の職業、カタログ制作は一つ一つの商品を写真と文でモノを売る百本ノックみたいな仕事。メルカリもやってみればそれは得意な範疇なのでした。

こんな風に役に立つ日が来るとは思いませんでした。人生って不思議です。

市販のメルカリガイドブックとはまたちょっと違った視点から、売るためのコツ、トラブルにならないための要点などをお話ししました。

一方でガックリすることも。

今月はもしや妊娠判定か?!と淡い期待を感じていましたが、やっぱりリセットしちゃいましたよ、って話です。

このところ、どこへ行ってもよく妊婦さんに会う(単に街で見かけるとかではなくて)こと続きでして、これは、ついに、もうすぐ。もうすぐ私の番か!?とイヤでも期待してしまうくらいのペースでしたが、そうは問屋が卸さなかった。

「今月もダメだった」っていうセリフ、慣れっこではあるけれど、何度言っても破壊力があります。

間もなく12月。

我が家でもツリーを出しています。

息子は12月が楽しみで仕方がないんだそうです。

一年で一番うれしい月なのだと、目をキラキラさせてニコニコと言います。「うれしいよね、おかあさんも好きだったよー」とそこで止めておけばいいのに。

・・落ち込んでいた母は「でも、おかあさん、12月は好きじゃない。今年も赤ちゃん来なかったのに終わっちゃうなーって思うから」と思わず本音をこぼす。小学一年生の子に。

口にしてすぐに、ああ大人げないなあーーー。とへこむ。

そっかあ、と大人な対応の息子。

「でもさ、まだ12月はこれからだし、今年もまだちょっとあるでしょ?だからもしかしたら来るかもよ?」とさらに大人な息子。

すでにないもの、欠けているものではなく、今あるものに目を向けるのはアドラー的な考え方でもあります。

息子、勇気づけの達人。ありがとね。

とりとめのない話を読んでくださり、ありがとうございました。