どんな時も機嫌良くいられる服は必要

こんにちは。

アドラー心理学ELM勇気づけリーダー

おがわめぐみです。

最近、おしゃれする機会がないなあ。と、どこかさみしく思っているのは私だけでしょうか。

ステイホームで過ごしたこの春、そして夏。

全く外出しないわけではないけれど、おしゃれして誰かに会うという機会は激減。

地域差、個人差もあるかもしれませんが、私はそんな感じです。

オンラインで誰かと“会う”時は多少おしゃれしますが、これまでとは違うファッションとの付き合い方にちょっと戸惑い気味です。

そしてこの生活は、まだしばらく続きそうなニュース。

新しい服を着ていくところもないし、服を買わなければ節約にもなる(!)。

でも、それもやっぱりさみしくてイヤなので今の生活様式の中で着ることで気持ちがちょっと上がるような服を考え→買ってみました。

HAUNTのオリジナルワンピース。奥はフレア、手前はストレートでサイドにスリット入り。

いずれも綿素材のロング丈。

どうということはない、ごくシンプルなワンピースでいわゆるワンマイル服ですが、買ってみたら(セールで!)ちょっとそこまでの外出がやけに楽しくなりました。

着る服がないわけではないけれど、新しい服というのはそれだけでも着るといい気分に♡

個人的にはこのドシンプルなワンピースの素材感や仕立ての良さにひかれました。

綿だけれど細番手でやや光沢がある素材であったり、ステッチナシの襟ぐりであったり。要するにキレイめカジュアルであること。

カジュアルなアイテムこそ40代は注意する、は某40代ファッション雑誌を手掛ける先輩の教え。

さらに、これを話すとひかれるかもしれませんが(笑)スリットの始末などもだいぶツボなのです。

内側が綾テープで裏打ちされていて、V字に縫い留められている。なんて美しい始末でしょう。さすがの日本製。

縫ってくれた方、ありがとうございます!と思える。

そんなわけで着ると機嫌良くいられるのです。って、マニアック過ぎてすみません。

おしゃれが遠のいていた理由はもうひとつ。

それはマスクとの兼ね合い。

私は大ぶりのイヤリングが好きです。でもマスクをしてイヤリングってバランス悪く見える気がする。マスクを外す際に落としそう、ですとか。

シンプル服にデザイナーズ系(写真はいずれもTOGA)のイヤリングというコーディネイトが好きなのですが・・

その上、オンラインで話す時はイヤフォンよりヘッドフォン派。イヤフォンの着け心地がなぜか苦手なのです。

が、先日ある方がオンラインでイヤフォン&大ぶりイヤリングをつけている姿を見て「私もああしたい」と思えました。

そして今、手元には新調したパソコン用のイヤフォンがあります^^

これでイヤリングつけよう!です。

生活様式が変わって、

今までのようなおしゃれをする機会がなくなった。

今までのおしゃれの方法ではしっくりこない。

できないところをフォーカスしたら「ああ、出来ないなあ・・さみしい」で終わってしまうけれど、視点を変え、今ある状況の中で出来ることを探せばいいんですよね。

出来ることしかできないけれど、出来ることもある。

これは妊娠中も産後も同じです。

と、なんだか最近同じようなことを書く日が多いですが。笑

でもそういうこと。

どんな時であっても女性には着ると機嫌良く過ごせる服(アクセサリーも)が必要だし、それを身に着けると元気になれる効果はすごいなと思っての本日の記事でした。

あなたにとって着ると機嫌良くいられる服はどんなですか?

本日もお読みくださりありがとうございました^^