一番やさしくしたい相手は誰ですか

こんにちは。

ママのキレイとハッピーを応援^^

ELM勇気づけリーダーのおがわめぐみです。

師匠の原田綾子さんと。2018年3月にELM勇気づけリーダーの資格を取得した時には「これで私もELMをお伝え出来るんだ!」というワクワクと「できるかなあ・・」の不安とが交差。でも不完全でOK。走りながら失敗もしながらやっていこう!と行動しての現在です

さて、本日のタイトル。

一番やさしくしたい相手は?

と聞かれたら、あなたは誰と答えますか??

我が子。かわいいですものねえ。

夫。え、少数ですか?笑

以前の私は「我が子」と迷わず答えていました。あ、もちろん今もやさしくしたい相手。大切な大切な存在です。

ですが、今なら「自分」と答えます。

自分の人生の主人公は自分

ということに気づいたからです。

そもそも、以前はそんなことを考えたことさえなかったのですけれどね。

「自分に一番やさしくしよう」と思った理由はもうひとつあります。

それは、私はママなのだ。と改めて認識したから。

ママって、人を育てる最初の最初の人なんですよね。

このことを、私自身も元小学校教諭であった師匠から聞いて「そうか!」と気づいたくらいなのですが。

「これは究極の新人教育だ!」。2歳くらいの息子があれこれやりたがるようになり、ひとつひとつ教えるのは自分なのだと気づいた時、気が遠くなった日のこと。今も忘れません。笑

我が子の幸せや、幸せな社会、幸せな未来を願う。

その土台の土台にあるのはママです。

金子みすゞさんの詩に「土と草」という作品があります。

草の子を育てるのは土のおかあさん。草が青々と茂ったら土は見えなくなるけれど。といった内容です。

若かりし頃この詩を知った時には「切ないなあ」と思いましたが、アドラーや潜在意識を学んだ母となり思うのは、

豊かな土になったるわ♡

ということです^^

我が子のために家族のためにと頑張るママはもちろん素敵。

でも矢印を周りの人に向けるあまり、ママの心がガス欠になると“土”は痩せて“草”はヒョロヒョロになるかもしれない。

これが良いとか悪いとかではなくて、軽やかに「そうか、だったら土も豊かでいたいよね」くらいの感覚です。

痩せた土ならサツマイモがよく育ちますし!

豊か=〇、痩せた=×ではない。

アドラー心理学は〇や×のない世界です。

子育てにも正解や不正解はありません。

あるのは便利か不便か。

完璧、出来るを目指すのではなく、不完全である自分を受け入れる勇気を育てる。

自分自身と仲良くなる。

自分にやさしくしたい仲良くなりたい、でも難しい。。と思う原因のひとつは「ダメな自分を受け入れらない」ということが挙げられると思います。

私自身がそうだったので(!)とてもよくわかります。

昨日、ELM第1期スタートしました!お二人の方が現在受講してくださっています。

その時の気持ちを綴ったのがこちら↑です

でもELMなどをベースにダメな自分とも仲良くなることをコツコツ続けたら、現在のような世界が開けてきました。

良い妻・良いおかあさんを目指していた時はホントにガチガチで(!)苦しいことも多かったけれど、ダメなおかあさんでもいい。出来ないことがあっても、ま、いっかー!と、子どもと一緒に笑ってしまうようになったら、むしろ生きやすくなりました。

苦しいスパイラルから抜け出すためにもっと頑張ろう!ではなくて、頑張れない自分にもOKだしちゃおう!でよかったとは。

こんな考え方があったとは、知らなかった!でした。

ELMを学んでも学ばなくても、これを読んでくださっているママであるあなたが(ママでなくても)、ご自分にやさしくなり、家族や社会にも広がっていったらなと思っての記事でした。

お読みくださりありがとうございました^^