ママの白髪ケア、あれこれ

こんにちは、にっこりことおがわめぐみです^^

本日は忘れないうちに!と昨日学んだ白髪ケアについてレポートいたします。

40歳以上で産む人は増えている

今月7日、厚生労働省より発表された2018年の人口動態統計によると、合計特殊出生率は1.42。三年連続で低下している日本です。

第一子を出産した時の母親の平均年齢は30.7歳。

(これを知ると40歳を過ぎてまだ妊活中の私などはどうもすみませんね、、と思ってしまいますが。苦笑)

その一方で、出生数を母親の5歳ごとの年代別でみると、出産数が唯一増えているのは45歳以上の世代。他の世代は減少しているという結果でした。

「卵子の老化」などと言われるように女性の寿命は延びていても妊娠出産できる年齢は変わらないとの声も聞こえますが、40歳以上で産む人は増加傾向。

例えば、昭和60年に40歳以上で出産した人は8,469人でしたが、平成30年では52,917人です(参考にした厚生労働省のサイトはこちらです)。

アラフォーママの白髪問題

アラフォーでの妊娠出産にもメリットがあると、36歳で第一子を妊娠出産した私などは思います。

わかりやすいところでは精神面、経済面。仕事の実績も築いてきたと思います。

半面、やはり、若くないママであることにどこか引け目を感じる自分もいます。

地域柄、同世代のママも多く、今のところアラフォーでも年齢的な壁を感じることなく生きておりますが、同世代のママたちと話していると「実は困っている!」と聞かされることの上位が白髪問題でした。

シミやシワも悩みではあるけれど、白髪はちょっとやっかいなテーマ。

自分で見えない部分にも生えていたり、日々、メイクのようにカバーするにも限界があるらしいからでした。しかもそれに気づいた時の“気になる度”も高いのではと。

見ため年齢にも影響するのでそれは気になりますよね。。

妊娠、授乳中であったら白髪染めをどうするかも気になりますよね。

ちなみに、この春発売されたばかりの産婦人科医の方が書かれた妊婦本には「ヘアカラーやパーマは妊娠初期のみNG」と書いてありました。まつエクやエステなどにも言及してあるためになる本です。


妊娠中~産後のこんなときどうする? はじめてママの「からだとこころの悩み」お助けBOOK

どうする?白髪染め

子どもが小さいうちは親として人に会うシーンがたくさんあります。幼稚園時代などはピークでしょうか。

白髪が気になるのはそんな時だと思います。

どんな風に白髪ケアをしたら

なるべく目立たなく出来るのか??

は、きっと知りたい方も多いテーマ。

自身も40代で白髪ケアと向き合い、しかもいつもキレイな状態をキープしている(!)ヘアメイク松岡さんによると基本はサロンでの白髪染め

仕上がりがキレイで髪へのダメージを少なくできるのはやはりサロンということになります。

サロンで白髪染めはやはりキレイ。最近では白髪対応型のヘアカラーがあるサロンなどもありますね。白髪染めも進化中です。

伸びてきた時の対策

白髪染めをしたばかりの時は美しい状態で満足。でもここからがまた新たなスタート。髪は日々伸びていくものです。

せっかく染めてもやがて‥になるのは仕方がないこと。

ヘアメイク松岡さんはいつ見ても自然な髪色なのでどのように対策しているのか?直撃してみました。

使える白髪ケアコスメはこれ!

教えてもらったのはこんなヘアコスメでした。

エンシェールズ カラーバター ダークシルバー 200g

価格:1,715円
(2019/6/21 13:51時点)

最初に

「カラーバター」

聞いた時は頭におっきなクエスチョンでしたが、商品名なのでした。

色付きトリートメントのようなものです。

白髪が目立ってくるのは分け目や生え際。美容院に行くほどではないけれど気になってきた時に愛用されているとのことでした。

カラーバターの色展開を見てみると「わ!」と私などは一瞬ひるみましたが、落ち着いた色合いもありました。

松岡さんのような黒髪にはダークシルバーが合うようでしたが、髪色によってこれは異なると思います。色んな色味があるのもカラーバターの良さかもしれません。

いつお会いしてもキレイな黒髪の裏側にはそんなワザがあったのか!と思った瞬間でした。

もうひとつはシャンプー。

「エヌドット」というヘアケアブランドのもの。

【セット】ナプラ napla N. エヌドット カラーシャンプー Si(シルバー) 320mL & トリートメント 300g セット

価格:4,880円
(2019/6/21 14:10時点)

普通のヘアカラーでもシャンプーを変えたことで私は色もちの良さを体感していますが、白髪染めも同様のよう。

安くはないな、、と思いますけれど、毎日の悩みが解決できたらやっぱりうれしい。

白髪対策に効果あり?

白髪についてのお話を色々聞いた今回のメイクレッスン。

ここでは白髪になりにくい方法についても話が出ました。私自身は白髪で悩んだことはまだナシ。たまに会う学生時代の友人たち(白髪に悩み中)には「頭使ってないからじゃない?!」などと言われていますが、、、地味にやっていることの一つは

頭皮マッサージ

です。

頭蓋骨から頭皮をズラすようにマッサージします。

やる頻度はまちまち。時間がある時はオイルをつけてていねいにする時もありますし、ちょこちょことやって終わりの日もあります。

この季節に良く使うのはペパーミントオイル。アヴェダのオイルは希釈済みなのでこのまま使えて便利。

いずれもシャンプー前に行っています。

それから、毎朝起きたらすぐ、とりあえずアヴェダのパドルブラシでブラッシング。起き抜けで頭が働いていなくても出来るルーティン。

食べ物は特に産後は気をつけていました。髪が弱る時期だと聞いていたからです。

毎日なつめ茶を飲んでいたことはアメブロ時代にも書いた通り。

その後はナツメではなくドライデーツにしたり(ナツメとナツメヤシであるデーツは別物ですね)と微妙に変わりましたが、黒い食べ物は意識して摂ることが多かったです。

最近はあまりやっていませんけれど。苦笑

黒い食べ物は食養生の観点からも髪にいいと聞きました。効果の程度はわかりませんが、やってみる価値はあるかなと私は思っています。

最後に

今回ご紹介したものたちは、育児中のママたちにも使えそうなテーマということでお伝えしました。

妊娠中や授乳中のまだベビーとのつながりが特に深い時期に使えるかどうかはわかりませんので、悪しからずご了承くださいませ。

40代ママのキレイ。色んなアイテムの力をかりながら若々しく(と言っている時点ですでにおばさんなのですけれど!)いきたいものです。

白髪ケアについてもっと詳しく知りたい!と思われた方は、メイクレッスンへ是非。メイクだけでなくヘアアレンジ、ケアについてもご相談くださいね^^