メイクの時間。鏡に映る自分にダメ出ししていませんか?

こんにちは。

ママのキレイとハッピーを応援^^

にっこりです。

雨の日曜日、スッピンで夫の確定申告の手伝いや新居のクロス選び(ほとんどノープランで途方に暮れているところ。汗)などして過ごしています。

ところで、あなたは朝のメイク時間にどんなことを考えていますか?

忙しくて何かを考えてるヒマはなんてないわ!と思われる方も、こんな言葉はどうでしょうか。

「このシミ、どうにかしたいな・・」

「ああ、このほうれいジワ、年だからしかたないか」

「もっと目が大きかったらなあ」

「眉の形がキライなのよね・・」

「アイメイクがイマイチ」

「メイクなんて面倒くさい」

「疲れた顔だなあ」

え?!そんな経験はないですか。私はあります。

というか、上の言葉は以前の私が自分に対してよく思っていた言葉です^^;

メイクレッスンに来てくださるママたちに伺うと、朝のメイク時間は10~20分くらいという方が多いようです。

長い時間ではないれど、メイクタイムは女性ならほぼ毎日の習慣。

毎日毎日、鏡に映る自分の顔を好きじゃないなあ、違うんだよなあ、とため息ついているとしたら。

この先もずっとそうして生きたいですか?

アドラー心理学や潜在意識のことはよくわからない、という方でも「アファメーション」や「言霊」という言葉は聞いたことがあるかと思います。

要するに、ポジティブな言葉掛けって大切なんですよね。

(自己勇気づけにもなります!)

一方で、見た目についてのポジティブな言葉掛けについては「やってみよう!」と思うだけではなかなか難しい。

行動や根拠につながる何かが必要になるかと。

そうなるためには、まずはプロの力をかりることはとても有効だと思うのです。

例えば顔立ちや、目や眉の形、口の形や唇の色に関する悩み。

自分ひとりではどうしたらステキになるかがわからない!ということも、プロの力をかりると解決したり、自信がついたりします。

私自身も顔に関するコンプレックスはたくさんあります!

目はぱっちりしていないし、眉といえば三角。

免許証などを白黒コピーにすると、黒目と鼻の穴しか写らないような(!)薄い顔立ちが子どもの頃からずーっとキライでした。

加えて、35歳を過ぎてからの出産でしたので、若くないママというコンプレックスも加わりました(今はそういう思い込みとは気持ちの上ではサヨナラしていますが)。

年齢肌という悩みもあります。

でも、エイっと!メイクレッスンを受けて、40代からのツヤ肌の作り方やクマやシミのカバーの仕方、ナチュラルメイクでも有ると無いでは印象が変わるアイラインのひき方(しかも簡単!)などを知ることで、人前に出ることも楽しめるようになりました。

写真加工アプリの技術って本当にすごくて便利ではありますが、実物をご覧いただいた時にブログと違う!にならないよう、加工には気をつけています。笑

言葉が人生を変えることって大いにあると感じているので、メイク時間の言葉も大切にしてほしい。

ため息とダメ出しのメイク時間ではなく、ヨイ出しが出来るようなメイクの方法をメイクレッスンでお伝えしていきたい。

メイクからハッピーになるママを増やしたい!の思いがあります。

現在、メイクレッスンは新型コロナのこともあり休止中です。

開催についてのお問い合わせはこちらまでお願いします↓

nikkori@kireininpu.net