ストレスに丸腰で向き合わない生活

こんにちは。にっこりです。

いかがお過ごしでしょうか。

気が重くなるようなニュースが続いていますね。

新型肺炎のニュースから一ヵ月以上が経ちます。

最初の頃はこんな時こそ冷静に、落ち着いて、悲観的になりすぎずに、笑顔で♡と思っていましたが、こう長引いてくると「うーーん・・」と不安になる時が私にはあります。

曇り空にマスクというこの設定。見るからに不安そうですみませーん、という感じです。苦笑

そんな中、昨日はずっと前から申し込んでおいたあるセミナーに行ってきました。開催地は渋谷です。

宮益坂からの渋谷。これまた昨日の曇り空のせいか、ドヨーンとした写真^^;

人ごみを避けたい気持ちと、前々から聞いてみたかったテーマについてのセミナー。

主催側からは「体調をみつつ、自主的な対策のご協力を」という、まあ要するに自分で判断してくださいねという連絡。

行く?行かない?そのはざまで少々悩みましたが、聞きたい気持ちの方が強かったので予定通り出席しました。

10人程の少人数セミナー。欠席はひとりもいなかった模様。

セミナーは行って良かったです。本を読むのではなく、実際に人から話を聞いたり、時に質問するスタイルはやっぱりいい。

ドンヨリな空模様ではありましたが、帰り道の足取りは軽かった。

以前の私はストレスや不安な気持ちに弱いタイプだったと思います。ネガティブさんで、怖がりで。

おおらかさや楽観的なところがなくて、そこを母や親しい友人などに指摘されて「私の性格ってダメなんだ・・」って思っていました。

今も特性のようなものは変わりませんが、随分生きやすくなりました。

アドラーの手法で自分の性格の捉え方を変えたからです。

ネガティブだけれど慎重ともいうし、思慮深いともいう。悪い面だけではないのですね。

一番大きいのは「そんな自分も全部OKなんだよ」と受け入れられるようになったこと。

ネガティブや心配性なのは×で、ポジティブで楽観的なのは〇、ではない。○も×もない世界です。

そんな風に捉えられるようになったら、以前の私だったら縮み上がってストレス漬けになりそうな今のような事態でも、そうはならずに過ごせるようになりました。

いわば、以前の私はストレスに丸腰状態でしたけれど、今の私はアドラーや潜在意識の知識を「気持ちの面でのシールド」のように出来るように。

普段の生活でも知っておいてよかった。と感じることは多々ありますが、今回のような時にも使えるのだなあと、感じている今日この頃であります。

心って本当に大事ですね。

目には見えませんが大切なところです。