【メイクレッスンレポ】夏のロケに使うあれも登場!

こんにちは。

ママのキレイとハッピーを応援♡

にっこりことおがわめぐみです^^

夏休みの毎日はあっという間!7時半に朝ごはんを食べさせ、家事をして11時くらいになると「お腹すいた!」と言われて。

食べ盛りの息子、午前午後2回のおやつと3食の食事で一日5食!これも母の仕事と思いつつ、もう少し何とかならないか?!という気持ちも。汗

バナナとか冷凍の焼きおにぎりやたこ焼きなどなど、簡単に食べられるものなども取り入れて工夫していきたいと思います。そういえば実家の母は毎朝、ごはんのしたくと共におにぎりも握っていたなあ。。

と、前置き長くてすみません。

先日のメイクレッスン、もう少しお伝えしたいことがあっての続編です。

今回で6回目となりますメイクレッスン。レッスンで知りたいことやメイク上のお悩みをお聞きしているわけですが、メイクって本当に奥深いなと回を重ねるごとに感じています。

夏の化粧直し

今回のメイクレッスンは7月の汗ばむ日に開催。

夏メイクのお悩みといえば

汗による化粧崩れ

ではないでしょうか。

あなたは夏の化粧直し、どうされていますか??私はこれまでテカリが気になる部分に粉をのせていました。

が、この方法よりももっと自然でキレイに仕上がるメイク直しの方法があるのだと言います。

それに使うのはこんなアイテム。

パウダー入りのオイルや化粧水です。こちらはいずれもイプサのもの*左:クリエイティブオイルのエアリーホワイト。右:メイクアップフィニッシシングミスト

拡大するとこんな感じ。微粒のお粉が入っていることがわかります

使い方は人によるのですが、例えば粉入りのオイルの場合は手に取って広げたらテカリの気になる部分になじませる感じ。

サラサラになりテカリを自然にカバーしてくれます。

IPSA(イプサ) クリエイティブ オイル(エアリーホワイト)15mL 化粧用オイル(仕上げ用)

価格:2,780円
(2019/7/26 16:49時点)

中でも、スプレータイプの方は

「夏の撮影には欠かせない」

シロモノなのだとか。

外ロケ(つまりスタジオよりも汗率が高いです)の時などは絶対。

テカリを粉でおさえてしまうと“固まってしまう”仕上がりになり、ナチュラルな美しさとは違った方向に。

注目点は厚塗り感。

「老けメイク」にしたくないアラフォーママたちはいかに厚塗り感を出さずにカバーするか?は大事なことなので、化粧直しでもそれを回避することがポイントなのです。

IPSA(イプサ) メイクアップフィニッシング ミスト (仕上げ用ミスト状化粧水) 58mL

価格:4,450円
(2019/7/26 16:47時点)

大人ピンクで大事なコト

コスメの定番カラーと言えばピンクですが、このピンクの選び方にもポイントがあることがわかりました。

アラフォーママをキレイに見せる選び方。

そのチェックポイントとはずばり

ラメの色。

アラフォーママのピンク色コスメに入るラメは

ゴールド系が正解です。

色味だけでなく、ラメがゴールドベースなのか、シルバーベースなのか?を確認することが大切!

青みのピンクなのか?オレンジよりのピンクなのか?のようなことを考えることも大事ですが、ラメの色味は私は考えたことがなかったので目からウロコでした。

これはチーク、アイシャドウ、いずれも該当します。

「ピンク系のアイシャドウは腫れぼったく見える」「チークは太って見える」のようなお悩みが登場していましたが、それはシルバーベースのラメであることが多いのだそうです。

シルバーは白っぽく出るので膨張して見える!

というわけで。

ゴールドベースのラメ入りピンクは引き締まるので大人向きと言えます。

ピンクコスメを使用・購入する際に大事なポイントでした。

口紅をキレイにつける一工夫

ナチュラルメイクとは手をかけないメイクではなく、いかに自然にキレイに見せるメイクなのだなと、これまでのメイクレッスンをみてきてより感じています。

その中でアラフォーママのメイクに取り入れた方が絶対にいい!と感じるのは口紅。

似合う口紅をプラスするだけで顔色がトーンアップするからです。

疲れ気味で顔色がどうしてもくすんでしまうような時は特に必要。

おひとりおひとり似合う色味は違うので(これも見ていて興味深いです)オススメ色をここに書くことは控えますが、共通して言えるのはキレイに塗るための一工夫。

それはリップをひと塗りしておくこと。

乾燥による唇のタテじわは口元の老け見えのもと!忙しくてもここはおさえておくのがベターです。

左:M.A.C プレップ プライムリップ、右:シャネル イドゥラ ビューティリップバーム。メイクレッスンでもよく登場しているのがこちらのふたつです。

M・A・Cのリップは唇を整え、保湿してくれる優れもの。「ティント(リップ)の下にはこれを塗ると仕上がりがいいです」と松岡さん。

唇を整えておくことは色づきの持ちや発色を良くしてくれるといいます。

ササっと塗る口紅もいいですが、人に会う時だけでも一工夫をしておくと自分のメイクに自信が持てるかも?!と思います。


MAC プレップ プライム リップ

最後に

お伝えしたいことが色々で、今回は2回に分けてのレポートとなりましたが、まだ実は足りません。笑

レッスンに来てくださる方々もよくおっしゃるのですが、メイクの情報はネットにも雑誌にも溢れすぎていてどれが自分に合うのか?わからなくなると言います(私自身もそうです)。

パーソナルメイクレッスンで使用するコスメは松岡さんが実際に手に取って見て試した中から厳選されたものを使用(本当にたくさんのコスメを試されてます)。

雑誌等は広報活動的な要素もあるので、その点でも違うと思います。

もちろん、お手持ちのコスメを出来るだけ生かす方法もお伝えしています。その方に合っているコスメはより生かす方法をご提案しますし、残念ながら改善した方がよいものはそれについても率直にお伝えしています。

実はこのところ、パーソナルメイクを専門に開催しているという方々とお会いする機会があり、興味深くお話をうかがいました。

パーソナルメイクと一口にいってもそれぞれ特徴が違いますね。

私どものメイクレッスンは普段はプロヘアメイクとして20年間、撮影現場で活動している松岡さんが講師です。強みもたくさんありますし、一方で弱みもあると思います。

これについてはまた書きますね!

お読みくださりありがとうございました^^

色んな道具の使い方のコツも細かくお伝えしています(この時はホットビューラー)。ホットビューラーだけでも過去に試したものの中から一番使いやすいブランドのものが入っている松岡さんの道具箱です