マスク生活を気持ちよく過ごすには?

こんにちは。にっこりです。

いかがお過ごしですか?

青空が気持ちの良い東京ですが、暑さに早くも閉口気味・・でもあります。

マスクを着けると暑さも5割増し?!ちょっとそこまでの散歩もマスクをしていると暑いなと感じます。

マスクも苦しいしとなるべく外に出ないようにできるならよいのですが、そうもいかない場合もたくさんありますよね。

学校に通う我が子が快適に着けられるマスクについてもとても気になります。

あなたはどんなマスクを着けていますか。

入手しやすくなった使い捨て派、手作り派、続々登場している最新夏マスクを買った派、マスクの世界も広がっていますね。

どちらかというと私は

「まあこのくらいでいいか・・」

と妥協はしない(!)面倒くさいタイプなので(苦笑)、夏のマスク生活をどうしてやろうかと考えていることのところであります。

*妥協はしない、理想は高いという自分の面倒くささが以前はすごくイヤでしたが、アドラー心理学に出会い「リフレーミング」という方法を知ってからは、これは私の長所でもあるのだと思えるようになりました。

ちなみに「妥協しない」をリフレーミングすると「向上心が高い」などです♡

さて、そんなマスクについては先日も投稿した通り。

今後しばらくは外出時マスク装着が基本となる今、あなたはどんなマスクを使用されていますか??

うれしいことに、この記事を読みおすすめの生地を教えてくださった方がいらっしゃいました!(M様、ありがとうございました^^)

で、早速作ってみたのがこちらです。

表面メッシュ素材というのは見てすぐわかりますが、実はこちら“冷感タオル”で作ったものです。濡らして使うと冷たく感じるという東レの素材「エアロタッシェ」を使用。

色はペールブルーで目立ち過ぎないのも個人的には好み。

おお、これはなかなかいいんじゃないの?!とワクワクで作りましたが。

使用感は期待したほど涼しいとは言えないかも。。

でもガーゼや不織布よりはいいかも!という感じです。

本来、首に巻いたり寝具に使われるものなので、素材感については仕方がないですね。

素材以外に工夫したのは生地の使い方。

こちらは一重で作りました。

使用する素材を減らして涼しくしようともくろんだわけですが、確かに軽くて涼しいけれど、マスクとしての効果はどうなのかも気になります。

素材の別案といえば吸汗速乾素材の肌着を・・でしょうかね。

そもそもが顔に当てるマスクと汗取り肌着は「快適であるポイント」がイコールではないであろうので、肌着で快適だからマスクも、というのは短絡的かもしれない。

ああ、面倒くさい性格発動中です。止められません^^;

同時進行で、機能素材マスクもたくさん目に入るので、そちらも注文をしてみました(まだ届かないけれど)。

それから。

夏マスクの着け心地を考える理由はもうひとつあります。

それは妊婦さんです。

私自身は4月出産の冬妊婦でしたが、インフルエンザ対策としてのマスク装着は欠かせませんでした。

お腹の大きい妊娠後期にマスクを着けて坂道を歩いた時には、息苦しくてまいりました。非妊娠時だったらどうというようなことはない道でさえ苦しかったという。

もっとも、あんまり苦しい時にはマスクは外しましたけれど。。

当時の記憶からも、妊娠時はそれでなくても息苦しさを感じやすかったので、今を生きる妊婦さんに何か良いものがあれば・・と陰ながら考えた次第なのです。

どんなマスクをつけるか?も模索中ですが、

マスクをつけた顔がどう見えるか??

というのも気にはなりませんか。

中でもメイクのこと。

マスクをしていても、なるべくキレイにするには?

チークやリップで色のない顔をどうにかステキにしたいと私になりに考えてみました。

いつもの自撮り時くらい微笑んでの撮影なのですが、マスクをしていると全然わかりませんね^^; マスクの時はもっとガッツリ笑おうかな、です。

いつもより眉を太くしてみたら、ポイントメイクがなくてもハッキリして良くなったように思う、のですがどうでしょう?!

ベースメイクもマスクナシの時ほど手間がかからない分、眉をその分ていねいにしたわけです。

自己満足でいいのです。

マスク生活をより良く楽しもうとする姿勢や過程が大切、ということで。これも勇気づけのひとつ^^

今年の夏はいつもと違う夏になりそうですが、それも今年限定と工夫して楽しもうと思っています。

本日もお読みくださり、ありがとうございました。