顔や頭の形でどんな人かがわかります!?

こんにちは。

にっこりことおがわめぐみです。

アドラーとはまた別の、以前から気になっていた心理学を学んでおりました。

「仮面心理学」なる心理学です。

仮面、と聞くとちょっとドキリとしますが、顔や脳の作りの違いから、感情や思考、潜在意識の傾向を考える心理学。

脳科学と統計学からなる「人相科学(パーソノロジー)」をベースにしたアメリカ発祥の学問なのだそうです。

心理学も色々あるんですよね。

ELM(エルム)講座は日々の生活に生かせる役立つ心理学だと思っていますが、同じ講座を受けても反応は人それぞれ。

アドラー心理学には「正しい、正しくない」「良い、悪い」はなくて、あるのは「便利か不便」。

正解を求めなくていい懐の深さが個人的にも気に入っていますが、時にちょっと物足りないなあ、、と感じることもあるのです(!)。

正解はないけれど、どうなんだろう、これ??のように。

その点、仮面心理学は顔や脳の特性(形など)でその人の傾向がわかるので、興味深いなと思ったんですよね。

顔や頭の形って自分ではどうにもならない分野ですし。

顔の正面、側面からわかる情報が実は色々あるということを知り、驚きました!

今回、私が学んだのは入門編のコミュニケーション講座。

ざっくりいうと「感情のものさし」などについて学びましたが、あまりにも当たっていて大笑いでした。

だから私は「小さなことが気になってしまいがちなのだ」ですとか「1ヵ月以上先の予定を立てるのが苦手なのだ」などがわかりました。

これまで、他の人が出来ることが私には難しくて「うーん・・」と思っていたこと。

この顔だったからなのか!でした。

講座を受ける際は指定された顔のパーツをシビアに測定。数字はごまかせないので、結果にはぐうの音も出ません

アドラーとはだいぶ違いましたが、共通することもありました。

やはり、「良い、悪い」はないということ。

顔や脳の傾向からわかる自分の特性を知った上で、どう生きていくか?というところに目を向けていく。

だから良いも悪いもないのです。

得意や苦手は人によって違う。

私の苦手は誰かの得意。

誰かの苦手は私の得意。

色んな人がいるから、お互いをフォローし合える^^

心理学を学んでいくと、人と比べて自分はどうか?と考えることがいかに無意味か!というがわかります。

ダメな人なんてひとりもいない。

人それぞれに良さが絶対、必ずあるから。

本日もお読みくださりありがとうございました。