「40代で“残る”条件」とバストについて考えた朝

こんにちは。

ママのキレイとハッピーを応援♡

にっこりです^^

一番仕事がはかどる朝の時間帯、消すはずのテレビに思わず見入ってしまったのはNHK「あさイチ」。

気分が上がる!

自分のための“魅せるおっぱい”

なる特集。

冒頭からウンウン、頷きの連続でした。

ああ、わかりますわかりますー!と、これを企画された方にお会いしたら握手したいくらい激しく共感(イメージ写真は男性ですけれど笑、実際には女性でしょうね)。

「最近何を着ても似合わないなあ」「老けて見えるなあ」あるいは「太って見えるなあ」になる原因のひとつはバストライン。

どんな服を着るか??

を考える人は多いと思いますが、トータルの印象を良くするには服やアクセだけの意識では残念ながら足りない。

髪形やメイク、姿勢なども大切な要素。

そして、バストライン!

垂れ乳だったり脇や背中のプヨプヨお肉は年齢を感じさせるものだから。プリプリでハリがある若い時のそれとはどうしても違ってしまうんですよね。。

これらを気をつけたいお年頃といったら

40代。

卒乳後の30代後半女性もそうかもしれない。

バスト位置や脇肉・背中肉までを整えてくれるものといったらブラジャーです。だから「あさイチ」の特集はブラジャー選びについても詳しく取り上げられていました。

*40代に限らず、バストのことを考えると、マタニティブラ、授乳ブラもとっても大切です!!

でしょでしょでしょー?!と言いながら見たのは言うまでもありません。

もう若くはないし、授乳というお役目も終わったし、とバストへの関心が下がる気持ちはわかります。でもなるべく若々しくありたいと思うならばバストラインのことを考えるのは必要

そして、タイトルにもあります

40代で“残る”条件

のこと。

これは今から10年前にアメブロ版にも書きました(*当時の記事はこちらです)。

はっきり言いまして、女性は40代で差がつきます。

男性の場合よりも「残る人」と「落っこちる人」の差が

歴然とします。

(出典元:「そうだ、村上さんに聞いてみよう」と世間の人々が村上春樹にとりあえずぶっつける282の大疑問に果たして村上さんはちゃんと答えられるのか? 村上春樹著)

・・・とおっしゃるのは村上春樹さんです。

この本を読んだのは20代の頃でしたが、妙に腑に落ち、今も心にある言葉。

あれから20年(!)。

実際に40代も半ばになって思うのは

まさにその通り!!

ということ。

何をもって「残る」というのかは人によると思いますが、40代真っただ中の私が感じる「残る」上で必要なひとつは

年齢や環境のせいにせず

行動してみる

ということでしょうか。

以前はこういうことを考えることすらありませんでしたが、母になり、年を重ね、人生の色々を経験し、そしてアドラーや心のことを学ぶ中で気づいたことです。

もう若くないし。時間ないし。子どももいるし。お金かかるのイヤだし。

などなど、行動しない、やらない理由はバンバン出てきます。ええ、私にもそういうところはあるのでよくわかります。笑

人が一番苦手なのは変化ですから、何かを変えようとかチャレンジするのは怖いように出来ていますしね。

年齢を重ねていくとより一層、変化は怖くなるという気持ちは本当に本当によくわかります。

(40代で「残る」などという話になると、漠然と「落ちたくない!」という気持ちが働くかもしれませんが、ありのままに、自然のままに、年を重ねていけばいい。という考えももちろんあると思います^^)

けれど、もし「もっとこうなりたい」という気持ちがあるのなら、何かしらの行動は必要になります。

「もっとこうなりたい」具体例としては、、「年を重ねてもきれいでいたい」「少しは若く見せたい」「心ももっと充実させたい」「人付き合いをスムーズにしたい」「自分を好きになりたい」などなど。

40代、もう若くはないかもしれないけれど、人生はまだまだ続いていますね

20代の頃考えた40代ってものすごい大人でしたが、実際になってみるとそんなこともなく(!)、まだまだ人生勉強中で、伸びしろのカタマリなんじゃないかと思うのです。

だから、もっと自由に、楽しみながら行動していけたらいいなと。

・・ごめんなさい。つい熱くなり、予定していたより長くなってしまいました。

本日お伝えしたいこと、実はまったく他のことなのです。

2020年最初のママのためのメイクレッスンを募集いたします!

ヘアメイク松岡さんと場所の関係で急遽決まったレッスン。

「40代、残りたい(!)」あなたにおすすめしたい人気のレッスンです。

開催は今月31日(金)です!追って告知いたしますね^^

本日のあさイチ「気分が上がる!自分のための“魅せるおっぱい”」は番組サイトにも参考になりそうな情報がありますので、リンクを貼らせていただきます。こちらです。

メイクやブラは外見の課題。

他方、内面からのケアをしたいとお考えの方にはアドラー心理学をベースとしたコミュニケーション講座ELMがおすすめです。

さて本日は昨年末にひっそりと(?!)募集を開始しました、ELM(エルム)講座3期についてのお話しさせてください

現在3期を募集中です^^

アラフォーママ、40代ママ。

もっともっと思い切り幸せになっていきましょう♡

本日もお読みくださりありがとうございました!