親が笑顔になる方法は誰も教えてくれない

こんばんは。

アドラー心理学ELM勇気づけリーダーおがわめぐみです。

いかがお過ごしですか。

本日のタイトル。

「親が笑顔になる方法は誰も教えてくれない」

こちらは本日の読売新聞朝刊、編集手帳からの引用です。

この言葉には前置きがあります。

育児書には「笑って子育てを」とあるが、

親が笑顔になる方法は誰も教えてくれない、

と聞いたことがある。

というように続いていた文。

コロナ禍が長引き、育児に悩む人が増えているけれど、笑いは子育ての苦労をやわらげてくれる。だから笑うことは大切と、木下ゆーきさんのおむつ替え動画も取り上げながら綴られていました。

*木下ゆーきさんのおむつ替え動画は実は私も大好きでして、息子と一緒に何度も見ています。何度見ても笑えます^^

笑いは本当に大切!と私自身も日々思っています。

一方で「親が笑顔になる方法は誰も教えてくれない」の言葉にもグサリときたんですよね。。

本当にその通り。

笑うことが大切なことくらいわかっている。

でも笑えないから、苦しい。

そんなヒリヒリするような気持ちは私にも経験があるので、なんだか読んでいて苦しくなってしまった。

笑顔になる方法は、木下ゆーきさんのようなユーモアにあふれた動画を見るももちろんいいですが、疲れ過ぎていたり、ストレスがたまりにたまっていたりすると、笑えない時があります。

心のことを学んで気づいたこと。

それは、疲れもストレスもため込まないこと。

自分の本音を大切にすること。

べき、ねば、ちゃんとは全部要らない。

完璧に出来ない自分も良い悪いとジャッジしないで、受け入れてしまうこと。

ダメな自分とも仲良くなると、ちょっとしたことに笑う余裕が出来るから。

ダメな自分のことも笑ってしまうし、何それー?!なことをしてくれる夫や子どものことも笑えるようになるから。

もし、ダメな自分を笑えないという場合。それはダメな自分を許せないからなのだと思います。

すみません、上手く説明が出来ませんが、、

おかあさんが笑顔になるためには、

まずは完璧なおかあさん、良いおかあさんになろうとすることをやめる。

イヤなことはなるべくやらない。

大丈夫です、やらなくても大変なことにはならないことがほとんどです(実験済み)。

不完全でOK!と肩の力を抜く。

すると「笑顔になれる方法」なんて考えないでいいくらい、笑顔が増えると私は思います。私自身がそうだったから。

本日もお読みくださりありがとうございました^^

興味がある方はこちらもご覧いただけるとうれしいです。

不完全な自分とも仲良くなれるヒントがつまった講座です。

http://kireininpu.net/psychology/elm4-boshu/

お申込みフォームはこちらです

テキスト送付もあるため7/26(日)までの受付となります。