40代妊活。オリジナルな幸せでいこうと思う

こんばんは、にっこりです^^

久しぶりの妊活ネタです。

そういえば40代妊活はどうなった??というくらい、それを意識しない生活をしていました。ここ数ヵ月、通院もナシ。

それは「もう妊活をやめることにした」というワケではなく。他にしたいことがたくさんあった感じです。

以前なら一カ月でさえも妊娠のチャンスを逃すなんて!と思っていたし、スケジュールも妊活通院を中心に回していたので随分変わったなと思います。

要するに妊活が自分の中心ではなくなったわけです。

このブログへは「40代妊活」でたどり着いてくださる方もいらっしゃるようでして、こんなに呑気な妊活ネタですみませーん。。と思いつつ、その後の妊活話も書きたいといつも考えていました。

よく読まれているのはこちら↓や

30代後半での出産が珍しかったのは今は昔。 現在は40代で出産する人も増加傾向だといいます。 一方で、40代で不妊治療をしての成...

こちら↓

2018年9月から妊活のための漢方薬を飲み始めたことは以前にもちらりとお話しした通り。 実はこちらの漢方、4ヵ月弱続けたものの...

本日、久しぶりにリプロダクション東京へ行ってきました。

そうだ、久しぶりにいってみようか??な気持ちになったからです。

(久々の不妊治療クリニック。診察まで三時間待ちという時間にはもう笑ってしまいました。今日は学会の関係でイレギュラーに先生方の数が少なかったからとのことでしたが、三時間ひたすら待つって、ある意味修行だと私は思う)

頑張らない、苦しくない40代妊活をモットーにしていますが、ふとした瞬間に「今、妊娠したら息子と何歳差」ですとか「出産する時の自分の年齢」「生まれた子が成人する時の自分は何歳」を考えたりということはありました。

で、「わ!そんなになるのか!それはアリなのか?!」という風に焦ったり、不安におもったり。

でしたが、2019年も残り2ヵ月、45歳4ヵ月の私はもはや、そういったことも頭に浮かばなくなっていることに気づきました。

その理由はこんな風です。

・○歳で産むのはアリかナシかのような枠がなくなった。何歳で産んだってよかろう

・子どもが何人でも自分は幸せなのだと思えるから。

「こうでなければ」にとらわれない、オリジナルな幸せ。

そして何より

どんな自分もOKなのだ

という心の在り方が一層強くなったから。

「子どもにはきょうだいがいないとダメ」「二人目妊娠できない自分はダメ」に始まり、「40代なのに妊活を諦められない自分はダメ」とか「高齢で出産したら世間的にダメなんじゃないか」などなど。人になんて思われるだろう?とかもですね。

かつての自分はダメなところ探し名人でした。

けれど「○○な私はダメ」という見方、ジャッジを日常的にしている以上、どんな恵まれた環境にいたとしてもずっと苦しいよね。ということに気づく。たとえこの先、二人目を授かれたとしても(!)。

子どもがいる・いないや、何歳で出産するか?といったことよりも人生に大事なことって他にある。

そのひとつは

自分自身と仲良くなること。

要するに勇気づけの一環なのですが、これが出来るようになると生きやすくなるのですね。

・・妊活と勇気づけ。何か私に出来ること、あるかなあ??

いずれにしても、妊活が中心ではないという暮らしはなんて快適なのだろう!の一言です。

「私には妊活があるから。年齢的にも崖っぷちだし」と妊活を言い訳にやりたいことを色々我慢する生活をやめたら、また違うチャレンジができるようになりました。

妊活は私の一部だけれど、すべてではないのです。

つれづれにて失礼しました。ああ、今日もよく頑張りました^^